全力生命体 ZERO

全力生命体!を始める前の前身ブログ
2004年から2006年まで
<< 入院!?2 | TOP | 入院!?4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
入院!?3
さて、看護婦に担架からベッドに移れるか聞かれ、硬直した体を少し動かしてみると、
あれ、・・・あまり痛くない?
なんかドタバタしているうちに痛みが引いている!
医者がやってきて問診、背中をトントン。
「もうあまり痛くないでしょ?」
「・・・はい。あまり」
「たぶん結石でしょう。血と尿の検査。それとレントゲン撮りましょうか」
「・・・はぁい」
アレだけ痛かったのに、病院に着いたら痛くなくなっている。拍子抜けである。
なんか大したことないのに大騒ぎして救急車で運ばれてきたみたいで恥ずかしいじゃないか!

しかしトイレで驚いた!尿が茶色!紅茶!?いや、血尿だぁ!
まぁやっぱり結石だったかと安心したけど。
レントゲンも撮られ、待合で座っていると、実家の母にコータを預けたヨメが来てくれた。
夜中の病院で一人はさびしいものだ。家族ってありがたい!

ほどなく医者に呼ばれ、やっぱ尿管結石だわ、との診断を受ける。
明日泌尿器科に行くようにと言われた。
入院は避けられたようだ。
どうやら私は呪われた運命に打ち勝つことができたようだ。

さて、翌日同じ病院の泌尿器科に行き、また尿検査をしてもらう。
紅茶はもう出なかった。
医者の説明によると、やはり私は尿管結石であったらしい。
「尿管が石で詰まって尿を送り込めない腎臓が腫れ上がって痛むんですよ」
う、恐ろしい!
「今は痛みがないとのことですので、超音波検査をして、
腎臓に異常がなければすでに石が排出された可能性が高いと思います。」

と、ヨメの妊婦検診で腹に当てられる超音波の機械を私も初体験。
「血も出ていないし、おそらく石は膀胱か、もしかしたらすでに排出されたかも」
「あ、そうなんですか。朝トイレでは見かけなかったですけど」
「とりあえず排出を促す薬を出しときます。一週間後、再検査ね」
あっさりしたもんで。なんだか大丈夫のようだ。
薬局で薬をもらって帰る。
えっ!てことは元気ってこと?仕事まで休んだのに!
まぁ昨日眠れてないし、休養するか・・・
| - | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 06:18 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zenryoku-zero.jugem.jp/trackback/3
トラックバック